栃木市沼和田町の肛門外科|すずきクリニック|痔 痔核(イボ痔) 裂肛(切れ痔) 痔瘻

肛門外科

痔の疾患を中心に診療

肛門外科では、主に痔の疾患を診療します。痔とは、痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(肛門周囲膿瘍)などがあります。症状としては出血、痛み、肛門の痒み、残便感などがみられます。痔の治療には、保存的療法や手術療法、およびその中間的な治療法などがあり、正確な診断をつけた上で、個々の患者様に最も適した方法を選択します。

恥ずかしがらずにご相談ください

痔は現代では3人に1人が罹患しているとも言われており、決して珍しい病気ではありません。ただ、場所が場所なだけに、なかなか相談に来られず、ひとりで悩んでいる方も少なくないかと思います。しかし、痔の症状には直腸がんや肛門がんなど、重篤な病気が隠れていることもありますので、恥ずかしがらずにご相談ください。

肛門外科の主な対象疾患

痔核(イボ痔)

痔のなかで最も多いのが痔核、いわゆるイボ痔です。肛門付近の血流が悪くなって鬱血を来たし、さらに静脈がこぶ状に膨らんだものが痔核です。症状は排便時に出血したり、肛門周囲にイボのようなものができたりします。生じる場所に応じて、内痔核と外痔核に分けられます。

内痔核とは

内痔核は、肛門の歯状線(直腸と肛門の境)より内側に生じた痔核であり、ほとんど痛みを感じること無く進行します(初期は出血する程度)。進行して痔核が大きくなると、脱出(脱肛)するようになります。脱出も初めのうちは指で押し込めば戻りますが、進行すると戻らなくなり、痛みを伴うこともあります。

内痔核の分類(「ゴリガー分類」による)
  • 1度排便時に肛門管内に膨らんでくる程度の痔核
  • 2度排便時に肛門外に脱出するものの、排便が済めば自然に戻る程度の痔核
  • 3度排便時に脱出し、指で押し込まないと戻らない痔核
  • 4度常に肛門外に脱出している痔核

「3度」以上は通常、手術の適応になります。

内痔核の治療法

内痔核の治療には保存療法と手術療法があり、その中間に硬化療法やゴム輪結紮(けっさつ)法があります。どの方法を選択するかは、患者様の症状や社会的な状況などを考慮に入れて、総合的に判断します。

保存療法
便秘の改善や排便時の長時間のいきみを避けて、規則正しい排便習慣をつけることが重要です。症状により経口薬や注入軟膏・坐薬を使用します。お風呂に入って温めるのも効果的です。
硬化療法
パオスクレー(フェノール入りのアーモンドオイル)という薬液をイボ痔に注射し、静脈叢を硬くする治療法で、出血を止める効果があります。
ジオン注射硬化療法(ALTA)
新しい硬化療法に、ジオン注射硬化療法(ALTA)があります。これは内痔核を切らずに注射で治し、1つの痔核に対して4ヵ所注射を行います。
この療法は、脱出を伴う内痔核に対してジオン注という注射を患部とその周囲に注入し、痔を養っている栄養血管の血流量を減らし、さらに痔の中の血管を硬くして、弛んでしまった直腸粘膜部に癒着・固定させる方法です。手術でしか治せなかった進行した内痔核(3度)でも治療効果が期待できます。肛門の痛みを感じない部分に注射するため、痛みの少ないのが特徴です。局所麻酔下に行い、日帰り治療が可能です。
ゴム輪結紮法
イボ痔を鉗子(かんし)で掴み、その根部を専用の輪ゴムで縛って壊死・脱落させる方法です。高齢者や高リスク者、寝たきりの方にも可能な治療法です。
手術療法

結紮切除術

脱出したイボ痔を、根元から専用のはさみで切っていく方法です。

PPH(procedure for prolapse and hemorrhoids)法

PPHという自動吻合器を使った痔核根治術で、直腸の粘膜3~4cmをPPHでドーナツ状に切除・縫合する方法です。奥からの血流を遮断し、肛門から脱出したイボ痔をつり上げる効果があります。直腸の粘膜には痛みを感じる神経が無いため、切除・縫合しても痛みは生じず、短い時間で手術は終了します。

外痔核とは

外痔核は、肛門の歯状線の外に生じた痔核です。激しい運動をしたり、急に重いものを持ったりした後などに突然血の塊が肛門に生じ、腫れて痛みます。薬で治りますが、大きくて痛みが強いものは切除するか、血の塊を取り除く必要があります。

裂肛(切れ痔)

便秘や下痢で肛門上皮が切れ、痛みや出血を伴います。裂肛には急性裂肛と慢性裂肛があります。通常は傷を保護、消毒しておくことで治りますが、慢性化すると瘢痕化して肛門が狭くなってしまうことがあります。治療法としては、薬による排便のコントロール、軟骨や座薬による治療を行います。薬で改善しない場合は、手術療法も考慮します。
なお、急性裂肛と慢性裂肛の特徴は以下の通りです。

急性裂肛

傷は浅く、排便時に痛みや出血を伴います。ほとんどは数日で回復します。

慢性裂肛

裂肛を繰り返すと傷が深くなり、潰瘍になります。痛みも持続し、傷の内側に肛門ポリープ、外側にイボを形成することがあります。

痔瘻(肛門周囲膿瘍)

直腸・肛門周囲膿瘍(直腸・肛門部とその周辺の皮下、粘膜下、筋間などに膿が溜まった状態)が自潰(はぜること)したり切開排膿されたりして瘻管(トンネルのようなもの)ができた症状を痔瘻と言います。
痔瘻には皮下痔瘻(1型)、筋間痔瘻(2型)、坐骨直腸窩痔瘻(3型)、骨盤直腸窩痔瘻(4型)の大きく分けて4つのタイプがあり、それぞれがさらに細分化されています。
痔瘻の治療は手術が基本であり、痔瘻の入り口である原発口の切除と感染の原因となった原発巣(肛門腺)の切除、そして適切なドレナージ(膿や浸出液などの排液が通る逃げ道)の作成が重要です。

肛門周囲炎

肛門の周りが痒みを伴い、赤くなったり、ジクジクしたり、あかぎれのような傷ができたりする状態を言います。肛門を清潔に保とうとして、石鹸などを使って洗ったりすると症状が悪化することもあります。なお、炎症の原因が真菌(カビ)ということもあります。
治療に関しては、ステロイド系の外用薬を用います。

インターネット予約はこちら